リンク サイトマップ

親子で入門!米料理塾


米粉レシピ



米料理塾 > 米粉レシピ > 餅

餅

柏餅米を使った食べ物で、色々な使い方、作り方ができるのは「 (もち)」ではないでしょうか? もち米を蒸して餅つきをして作るというイメージが強いかもしれませんが、米粉(こめこ)を使えばもち米から時間(じかん)手間(てま)をかけて作らなくても手軽(てがる)に餅が作れてしまいます。
米粉を利用してつくった餅には、 日本各地(にほんかくち)郷土料理(きょうどりょうり)名物(めいぶつ)になっている食べ物や、海外(かいがい)の料理の中にも米粉の餅を使ったものがたくさんあります。電子(でんし)レンジを使って作る米粉のレシピばかりですので、子供と一緒(いっしょ)に作ってみてはいかがですか?

米粉の餅

米粉餅ともち米餅の違い

餅米粉はもち米から作られているものやうるち米を使っているもの、 玄米(げんまい)を使っているものなどがあります。米粉の作り方も色々(いろいろ)あり、もち米を一度(いちど)()して()いて、おもちにしたものを乾燥(かんそう)させて粉状(こなじょう)にした「米粉」もあります。
そのため、米粉のお餅ともち米のお餅のちがいは一概(いちがい)にはいえませんが、米粉を使った餅のほうがいくらか、もち米から作った餅よりなめらかなものが多いといえます。米粉は、種類(しゅるい)によって口当(くちあ)たりや(てき)した使い方もちがってきますので、もち米でついた餅では作れないような料理(りょうり)を作るときにも利用されています。

米粉の餅の色々

米粉を使った餅には、「柏餅(かしわもち)」「ちまき」お月見の「団子」などが有名(ゆうめい)ですが、京都(きょうと)名物(めいぶつ)として有名(ゆうめい)な「八ツ橋(やつはし)」も米粉を使ったお菓子です。日本の郷土料理(きょうどりょうり)には、米粉を使ったものが意外(いがい)とたくさんあるので、(なつ)かしい! と感じるメニューも数多くあるかもしれませんね。
日本と同じように、米を 主食(しゅしょく)として食べているほかの国でも、米粉を使った餅の料理(りょうり)は多く、韓国(かんこく)の「トック」と呼ばれる餅やばななや黒砂糖(くろさとう)を入れた団子は東南(とうなん)アジアなどでよく食べられているデザートです。甘いあんこや果物(くだもの)を使う餅が多く、デザートやおやつのようなイメージもありますが、大根餅(だいこんもち)東北地方(とうほくちほう)で食べられている精進料理(しょうじんりょうり)「けいらんの吸い物」などは食事用(しょくじよう)の餅をしてしたしまれています。

電子レンジで簡単!柏餅レシピ

(かしわ)の葉でくるんであるのが特徴的(とくちょうてき)な、柏餅(かしわもち)はこどもも大人も大好きな節句(せっく)の食べ物ですよね。中に入れるアンを色々な種類(しゅるい)にしてみるのも楽しいですよ。こどもと一緒にできるようなところは以下のイラストがありますのでぜひ、一緒に楽しんで作ってくださいね。

←こどもと一緒にできるところはこのイラストが目印

材料

米粉(上新粉) 100g
さとう 20g
コシあん 100g
白味噌(しろみそ) 60g
黒砂糖(くろさとう) 5g
くるみ 少々
柏 8~10枚

作り方

初めにアンを作ります。コシあんはそのまま使えますが、くるみを軽くフライパンでいってすりつぶし、白味噌と黒砂糖を入れて()り合わせます。(あま)加減(かげん)味見(あじみ)をして塩を少々くわえてもかまいません。
こどもにくるみをすりつぶしてもらったり、みそを混ぜてもらうといっしょにたのしめます。
耐熱のボールに、米粉・さとうと30度くらいのぬるま湯を150~160cc入れ、まぜ合わせます。
米粉の入ったボールにラップをして5分くらい温めます。
温めた米粉をぬらしたふきんの上に乗せ、しっかりくるんだらフキンごと米粉餅8こめこなもち)の生地(きじ)をもんでやわらかくしていきます。
しっかりフキンでくるんだらタオルをのせて、こどもがふんでこねてもたのしいですよ!
粉粉が(なめ)らかになったら、餅の生地を8~10等分にちぎってまるめます。手のひらや麺棒(めんぼう)を使って生地をまあるくアンが包めるくらいの大きさとあつさになるようにのばしていきます。
餅の生地(きじ)のまん中にコシあんや初めに作った白味噌(しろみそ)のアンを乗せ、はさむように包みます。その餅をさらに(かしわ)()でつつみます。ラップにくるんで電子(でんし)レンジで20秒ほど温めると(かしわ)の香りが餅に移り、おいしい柏餅(かしわもち)のできあがりです。

米粉で大根餅のレシピ

大根餅は、米粉で作る餅料理の中でもおかずにもなるメニューといえます。焼くだけで簡単に作れる大根餅のレシピをご紹介します。ちょっと、子供には難しいメニューかもしれませんので、大人向けのメニューです。

材料

米粉(上新粉) 70g
片栗粉 10g
水 150~200cc
大根 1/2本(150g程度)
鶏肉 100g
しいたけ 1
にんじん 1/5本
三つ葉 少々
塩・ごま油 少々

作り方

大根・しいたけ・にんじんは同じくらいの太さになるように千切りにしておきます。三つ葉は食べやすい大きさにざく切りにしておいてください。鶏肉はひき肉のものを使うか、少し小さめの大きさに切って使います。
フライパンにごま油をひき、鶏肉を炒めます。鶏肉に火が通ったら千切りにした、大根・にんじん・しいたけを加えさらに炒めます。全体に火が通ったら、塩を加えて味を調え、火からおろして荒熱をとっておきます。
ボールに米粉・片栗粉に水を加え混ぜ合わせます。水の量は、生地の硬さが好みの硬さになるように調節してくださいね。
米粉を溶いたボールに、先ほど冷ましておいた鶏肉や大根と三つ葉を加え、まぜあわせたらフライパンにごま油をしき、弱火で混ぜ合わせた「大根もち」の生地を焼いていきます。
両面に焼き色がつく程度に焼けたら、一度取り出して、食べやすい大きさや一人分の大きさに切り分けます。切り分けた後にもう一度フライパンに戻して中までしっかり焼けたら完成です。酢やコチュジャンを使った醤油ダレやからしををつけて食べても美味しいですよ。

ページの上に移動

前に戻る 次へ進む