リンクサイトマップ

親子で入門!米料理塾


米粉レシピ



米料理塾 > 米粉レシピ > 米粉パン

米粉パン

パン米粉を使ったパンというのを知っていますか? パンは小麦粉で作る、というイメージを持っている人も多いと思いますが、小麦粉を使わなくてもおいしいパンが作れるとしたらちょっときになりますよね?
カンタンに米粉パンを作ることができるようにパンやクッキーなどの洋菓子専用(ようがしせんよう)の米粉、というものも市販されているため、自宅(じたく)のホームベーカリーなどでパンを作るときなどには米粉が使われる場合もふえてきています。小麦粉アレルギーの人だけではなく、健康面(けんこうめん)に気を使っている人もあいだでも米粉パンは注目(ちゅうもく)を集めているようです。

米粉のパン

米粉パンの特徴

米粉はしっとりしたパン生地(きじ)を作ることができるのが大きな特徴(とくちょう)です。しかし、パンを膨らませるための「グルテン」が(ふく)まれていないため、ふっくらとふくらませることがむつかしいという点もあります。そのため米粉に小麦粉から取り出した「グルテン」を加えてふくらませられるように配合(はいごう) された、パン作り用の米粉もあります。 これは小麦粉の 成分(せいぶん)(ふく)まれているため小麦粉アレルギーの人の場合(ばあい) は使うことができません。
米粉のみでふくらませられるように作られた「リファーヌ」という米粉もあります。こちらは、100パーセント米粉で作られているので小麦粉アレルギーの人でも使うことができます。米粉パンを作る場合には、 上新粉(じょうしんこ)と小麦粉をまぜて作ることもできますが、こういったパン作り用の米粉を使うと手軽(てがる)でカンタンに作ることができます。その他にもグルテンで(ふく)らませるのではなく、重曹(じゅうそう)を入れて(ふく)らませることで上新粉などの 一般的(いっぱんてき)な米粉のみで作る米粉パンなどもあります。

米粉でできるパンの種類

以前(いぜん)から米粉でつくるパンは、小麦粉アレルギーの人の間ではよく利用(りよう)されていました。最近は普通(ふつう)に売られているパン店さんのパンの中にも、米粉(こめこ)で作ったパンを見かけることがあります。「おコメパン」や「玄米ぱん」などと呼ばれているものもありますが、市販(しはん) されている米粉を使ったパンの米粉の割合(わりあい)は、米粉100パーセントのもから、 小麦粉(こむぎこ)と米粉が様々な割合で()ぜて作っているものまで色々あるようです。
米粉だけで作ったパンを自分で作ってみると 意外(いがい)簡単(かんたん)なので、なれてきたら自分の好きな分量(ぶんりょう)で米粉と小麦粉をまぜて作ることもできます。米粉は小麦粉に(くら)べてキメが細かいため、しっとりとしたパンやパウンドケーキを作るのにむいています。そのため、アンパンやクリームパンなどの菓子(かし)パンやロールパンといった小さめのテーブルロールを作るととてもおいしく出来上がります。
また、タピオカの粉を使って作る「ポンデケージョ」やとうもろこしの粉を使って作られるパンなどを作るときにも、小麦粉だけでなく米粉をまぜることで 本来(ほんらい)食感(しょっかん)に近いパンをつくることができます。米粉をつかうことで、特徴(とくちょう)ある世界中の色々なパンを作って食べ比べてみるのも楽しいですよね。

簡単!米粉パンのレシピ

米粉パンを作るときの基本(きほん)のパン生地(きじ)のレシピを紹介(しょうかい)します。小麦粉で作る場合より、(ちから)(くわ)えて生地をこねると上手に作ることができますよ。

材料

米粉(パン用) 500g
バター 60g
しお 5g
さとう 100g
スキムミルク 20g
卵 1コ
ドライイースト 小さじ2
水 290~300ml

道具

ボール
まな板
フキン
計量(けいりょう)カップ
スケッパー
はかり
クッキングシート
オーブン

作り方

バターを常温(じょうおん)でやわらかくしておくか、電子レンジで20(びょう)ほどあたためてやわらかくしておきます。
計量(けいりょう)カップで水をはかっておきます。
ボールに米粉・さとう・しおを入れてまぜます。そこにやわらかくしたバターを入れて、バターを粉におしつけるようにつぶしながらまぜ合わせていきます。
バターのカタマリがなくなったら、はかっておいた水をボールの中に少し筒加えていきます。
水が粉によく混ざるように(ゆび)を立てて、ぐるぐるかきまぜます。どろどろになってきたら、手のひらを使ってこねるようにまぜます。だんだんかたまってくるので、ボールにおしつけるようによくこねましょう。
生地がひとかたまりになったら、ボールから取り出してまな板の上にのせます。手のひらを使ってまな板におしつけるように伸ばしてまるめ、のばしてまるめ、をくり返してこねます。
力をいれてこねていると生地が一回かたくなってから、だんだんとやわらかくなってきます。やわらかくなってきたら生地をまるめて、2~3回まな板の上にたたきつけます。
まな板の上に落とすような感じで、生地の表面(ひょうめん)がツルツルになるようにまるめながらたたきつけます。
生地の表面(ひょうめん)がつるつるになったら、生地を細ながく()ばしていきます。伸ばした生地をスケッパーや包丁(ほうちょう)を使って10コに切り分けます。
10コにわけた生地を20コにします。はかりをつかって同じ重さになるように調整(ちょうせい)しながらわけましょう。
全部(ぜんぶ)で20コになった生地をひとつずつまるめていきます。まな板の上でころがすように丸めましょう。
まるめた生地をまな板の上にならべて、ぬらしたフキンを生地の上にかぶせて20分ほどまちます。
オーブンの天板(てんばん)をとりだしておきます。オーブンは180~200度になるようにあたためておきます。
オーブンの天板の上にクッキングシートをしき、生地をならべます。
生地をオーブンにいれて、10~15分焼いてキツネ色に焼きあがったらできあがりです。

アレンジしよう!

生地を作るときは、力を入れてこねるのが、おいしい米粉パンを作るポイントです。基本(きほん)の米粉パンの生地ができたら、丸めた後にのばしてカレーやアン、クリームなどを(つつ)むとカレーパンやアンパン、クリームパンを作ることができます。また、生地にココアパウダーをまぜて作ると色のついた甘いココアパンが作れます。自分の好きな()(つつ)み込んだり混ぜ込んだりして、いろいろな米粉パンをつくってみましょう。また、オーブンで焼かずに()し器で20分ほど()すとむしパンを作ることもできます。中にひき肉や野菜(やさい)を入れて作るのもおすすめですよ。

ページの上に移動

前に戻る次へ進む