リンク サイトマップ

親子で入門!米料理塾


米粉レシピ



米料理塾 > 米粉レシピ

米粉レシピ

米小麦粉 (こむぎこ)アレルギーの人には広く知られている米粉(こめこ)ですが、米粉(こめこ)を使った料理(りょうり)というとすぐには思いうかばない人も多いのではないでしょうか。しかし、(じつ)(わたし)たちのまわりで(むかし)から食べられているものの中にも、米粉(こめこ)を使って作られているものがたくさんあります。
アレルギーの人以外にも作り方が簡単(かんたん)小麦粉(こむぎこ)とはちょっとちがった味わいのある米粉の料理は、どんどん人気(にんき)が高くなってきています。小さな子供から大人まで楽しめる米粉料理(こめこりょうり)を、皆で楽しんで作ってくださいね。

米粉ってなに?

米料理というと米の(つぶ)をつかったご飯などを思い出しがちですが、ベトナムのライスペーパーやビーフンなど、米粉を使った加工品(かこうひん)料理(りょうり)世界中(せかいじゅう)のたくさんの国で使われています。アジアの食べ物というイメージがつよい米粉(こめこ)米料理(こめりょうり)ですが、昔から米が栽培(さいばい)されていた地域(ちいき)ではアジア以外でも米粉(こめこ) を使ったパンなどが食べられています。
日本(にほん)でも団子(だんご)(もち)などは米粉(こめこ)を使って作られることが多くあります。国内(こくない)一般的(いっぱんてき)によく使われているのは「上新粉(じょうしんこ)」という米粉で団子(だんご)(もち) などを作るときによく使われています。また、この上新粉(じょうしんこ)とよくにたタイプの 米粉(こめこ)で「しらたま粉」と呼ばれるものもあります。名前(なまえ)の通り白玉(しらたま) を作るときによく使われています。
白玉粉(しらたまこ)はきっと使ったことがある人も多いと思います。もともと米粉は大変使いやすいのが特徴(とくちょう)ですが、パンやケーキなどふわっと膨らませるものを作るのはちょっと手間(てま)技術(ぎじゅつ)がかかると思われていました。しかし、最近(さいきん)では洋菓子(ようがし)やパンなどを作りやすいように開発(かいはつ)された米粉(こめこ)もあり、簡単(かんたん)に米粉を使うことができます。
小さな子供でも作ることのできる白玉団子やちょっと本格的に米粉から自分で作るライスペーパー、パンやケーキなど色々な米粉料理の作り方があちこちで紹介されています。色々なレシピにチャレンジしてみるのも楽しいですよね。

小麦粉アレルギーと米粉

小麦粉(こむぎこ)を食べるとかゆくなってしまったり、しっしんがでてしまったりする「小麦粉(こむぎこ)アレルギー」の人がふえているといわれています。特定(とくてい)の食べ物や物質(ぶっしつ)が体の中に入ってきたとき、体がその物質(ぶっしつ)を「よくないもの」と判断(はんだん)してしまい、受け付けないことでアレルギー反応(はんのう)が出ます。アレルギーを起こしてしまう物質(ぶっしつ)は人それぞれで、食べ物のほかにも花粉や動物に反応(はんのう)する人もいます。
また、小さいころからアレルギーがある人もいれば、ある日 突然(とつぜん)アレルギー反応(はんのう)が出てしまうこともあります。最近(さいきん)牛乳(ぎゅうにゅう)(たまご)、そばなど小麦粉(こむぎこ) のほかにもアレルギーをおこす人が多い 食品 ( しょくひん ) がふくまれているかどうか記載(きさい)されるようになってきました。しかし市販(しはん)されているものの中には、作るときには使われていなくてもアレルギーを引き起こしやすいものと同じ場所(ばしょ)道具(どうぐ)を使って作られているものもあります。
アレルギー反応が出やすい人の場合は、こういったものにもアレルギー症状が出てしまいます。しかし、記載されていないと買うときにたしかめるのはとても (むずか)しいのでなかなか市販されているものを食べられないという人もいるようです。また、市販されているケーキやクッキーパンなどは 小麦粉(こむぎこ)を使って作られているものがほとんどです。最近(さいきん)小麦粉(こむぎこ)アレルギーを持っている子供(こども)も多く、市販(しはん)されているパンやケーキなど食べられない場合(ばあい) もありますよね。
米粉(こめこ)を使ったパンやケーキなども市販(しはん)されるようになってきましたが、まだあまり多くありません。米粉(こめこ)は使い方が簡単(かんたん)ですので、米にアレルギー反応(はんのう)が出る人でなければ、小麦粉(こむぎこ)の代わりとしても十分に使うことができます。しかし、同じものばかりを続けて食べているとその食べものに対してアレルギーが出やすくなることがありますので、同じものばかりを食べずに色々なものを食べるように心がけてくださいね。

米粉の使い方

米粉(こめこ)の使い方がわからないので使ったことがない、という人もいます。米粉は水でねって団子(だんご)にしたり()ばしたり切ったりして使うことが多くありますが、小麦粉やとうもろこしの粉と同じように焼いたりあげたりすることもできます。また、ちょっと意外(いがい)な使い方としては、カレーやシチュー、クリームソースを作るときに米粉を使うこともできます。小麦粉とまったく同じように使うというわけにはいきませんが、ほんの少し加えるだけでまろやかなとろみを出すことができます。ぜひためしてみてくださいね!

ページの上に移動

前に戻る 次へ進む