リンク サイトマップ

親子で入門!米料理塾


高学年用レシピ



米料理塾 > 高学年用レシピ >リゾット

リゾット

リゾットリゾットという米を使った 料理(りょうり)を知っていますか? ちょっと前までは、「洋風のおかゆ」というイメージが強かったようですが、最近(さいきん)はレストランなどでもイタリア料理としてリゾットが出されていますよね。
人気の高い、きのこやトマト、チーズのリゾットなどのほかに、リゾットを使ったライスコロッケなどもあります。ちょっと 小腹(こばら) がすいたときにはあっさりとしたリゾットはぴったりですし、おなかがペコペコの時は、チーズや 野菜(やさい)のたっぷり入ったリゾットは意外(いがい)とおなかがいっぱいになりますよね。からだにもやさしいオシャレなリゾットを、楽しく作ってみましょう。

リゾットを作る前に…

リゾットについて

リゾットはイタリアの代表的(だいひょうてき)米料理(こめりょうり)です。イタリアでは、昔から小麦や小麦粉(こむぎこ)で作ったパスタを調理(ちょうり)して食べてきましたが、アジアや中近東(ちゅうきんとう)で使われていた米が伝わってきたことで、パスタなどと同じように料理に使われるようになりました。
スープを使った米料理なので、日本の 雑炊(ぞうすい)やおじやなどと同じように思われることもありますが、リゾットは米を生の状態(じょうたい)からバターや他の材料(ざいりょう) と一緒に(いた)めてから、スープを入れて 煮込(にこ)んでいくのが特徴(とくちょう)です。
できあがったとき、スープが 全部(ぜんぶ)米にしみこんでスープが残っていないのもリゾットの特徴(とくちょう) です。また、リゾットはおじやのように米が()けてしまうほど、やわらかくするのではなく、ちょっと(しん)のあるような「アルデンテ」という 状態(じょうたい)でたべられています。

リゾットを作る準備とポイント

・イタリアで作られるリゾットは、日本の米よりも粘りの少ないタイプの米が使われています。そのため、日本の米を使うとベタベタしたリゾットになってしまうこともあります。水分が多く含まれている新米(しんまい)より、ちょっと水分の抜けている古米(こまい)を使うとベタベタしにくくなります。

・生の米をそのままフライパンやナベで煮込(にこ)む米料理です。米は洗わないで使うのが基本的な使い方ですが、洗う場合には水でさっとあらったら、ザルにあけてよーく水を切るのがポイントです。また、洗った後でもバターを初めにからませておくと、スープをしっかりしみこませて、とろみのあるアルデンテに近い状態にすることがでると思います。

全体的(ぜんたいてき)に、簡単(かんたん)漢字(かんじ)を使っていますので読めるところは、子供に読ませてあげたり、ひととおり自分でやってみて、わからなくなったら大人が手伝う、など一緒に楽しめるやり方を工夫(くふう)してみてくださいね。

簡単!チーズとかぼちゃのリゾットレシピ

子供も大人も大好き! シンプルな材料を使った、やさしい味のリゾットです。

材料

米 1カップ
水 400cc
かぼちゃ 1/4コ
牛乳 400cc
粉チーズ50g
オリーブオイル 大さじ3
しお・コショウ 少々
パセリ 少々

道具

包丁
まな板
ナベ
フライパン
木ベラ
たいねつ容器(ようき)
ラップ

作り方

かぼちゃのタネを手でとりましょう。

かぼちゃをピンポンだまくらいの大きさのサイコロ(じょう)に切ります。かぼちゃはかたいので、切るときには十分注意(じゅうぶんちゅうい)しましょう。

かぼちゃをたいねつ容器(ようき)に入れ、ラップをして電子レンジで12分ほどあたためます。

ナベに牛乳と水を入れ、“よわび”であたためます。

フライパンに米とオリーブオイルを入れ、木ベラで米にオリーブオイルをからませます。米にオイルがからまったら、“よわび”で米がとうめいになるまで、いためます。

米がとうめいになったところに、あたためた牛乳を入れて、5分ほどにこみます。牛乳は、一気に全部(ぜんぶ)いれずに、米がかくれるくらいまで入れて、へってきたら少しずつ足すようにしていくのがポイントです。


牛乳と米の入ったフライパンの中に、温めたかぼちゃを(しず)かにいれていきます。そのまま15~20分にこみます。途中で、1回かぼちゃをくずさないようにそっとかきまぜましょう。


粉チーズをフライパンに入れます。木ベラでゆっくりチーズをまぜて、まざったらフタをして、火をとめましょう。ふたをしたまま、チーズがとけるまで、5分ほどむらします。

チーズがとけたら、おサラにもりつけます。

パセリをふりかけてできあがり!


アレンジしよう!

ミルクをつかったリゾットは、チーズやかぼちゃに含まれる栄養(えいよう)吸収(きゅうしゅう)しやすく、身体(からだ)にもやさしいリゾットですが、さっぱりした味のものやスープをトマトベースやコンソメスープにしたいときは、ミルクの代わりに水とチキンスープの(もと)を使ったり、トマトジュースを使うと良いでしょう。
また、米を炒めるときに、みじん切りにしたタマネギを 一緒(いっしょ)にオリーブオイルでよーくいためてベーコンやきのこ、たっぷりのチーズを入れるとミルクとはまた、ちがったチーズの濃厚(のうこう)な味を楽しむことができます。トマトやきのこは、和風の味付けにしてチーズを使うこともできますので、色々アレンジして楽しんでみてくださいね。

ページの上に移動

前に戻る 次へ進む