リンク サイトマップ

親子で入門!米料理塾


高学年用レシピ



米料理塾 > 高学年用レシピ >ピラフ

ピラフ

ピラフチキンピラフやえびピラフなど、ピラフといえばチャーハンや炊き込みご飯などと同じ具の入った味のついた米料理の一つですよね。おいしくて、ボリュームもたっぷりのピラフなら、カンタンに作れておなかも 大満足(だいまんぞく)します。
しっかり味をしみこませたご飯は、冷めてもおいしく食べることができます。おにぎりやお弁当にピラフが入っていたらちょっとウレシイごはんですよね。フライパンや 炊飯器(すいはんき)でもカンタンに作ることができるピラフを楽しく作ってみませんか?


ピラフを作る前に…

ピラフについて

洋風(ようふう)の炊き込みご飯とも呼ばれているピラフは、ヨーロッパや欧米(おうべい)料理(りょうり)だというイメージがありますよね。ピラフには、インドやイランなどの中近東(ちゅうきんとう)の料理や、トルコやギリシャ料理にもピラフがあります。
もともとは、トルコ料理だったとも言われていますが、これらの国で食べられていた料理だったピラフが、スペインやフランスにもわたって行き、ヨーロッパなどの料理としても広がったといわれています。ピラフは生の米をスープや色々な 材料(ざいりょう)一緒(いっしょ)に炊き上げるのが特徴(とくちょう)で、カレーのスープを使ったカレーピラフなども人気があります。

ピラフを作るじゅんび

・ピラフはナベを使って米や材料(ざいりょう)をいためてから、水やスープを入れてたきこみます。油や火を使うときは、十分注意(じゅうぶんちゅうい)して調理(ちょうり)するようにしましょう。

・ピラフは日本のお米でも普通(ふつう)に作ることができますが、米を炒めることで粘り気(ねばりけ)が出てきやすくなります。インドやヨーロッパなどで食べられている、インディカ米という、ちょっとほそ長い米を使うと日本のお米で作ったピラフとはまたちょっとちがったピラフを作ることができます。インディカ米を売っているところがある場合(ばあい)は、ぜひ一度インディカ米でも作ってみてくださいね。

全体的(ぜんたいてき)に、簡単(かんたん)漢字(かんじ)を使っていますので読めるところは、子供に読ませてあげたり、ひととおり自分でやってみて、わからなくなったら大人が手伝う、など一緒に楽しめるやり方を工夫(くふう)してみてくださいね。

簡単!チキンピラフのレシピ

炊飯器(すいはんき)を使ってカンタンに作ることのできるピラフの作り方です。なれてきたらフライパンでそのまま炊き込む方法でも作ってみてくださいね。

材料

コメ 2カップ
トマトジュース 2カップ
しお 小さじ1
トマトケチャップ 大さじ1
トリむね肉 1マイ
タマネギ 1/2コ
バター 大さじ2
コショウ 少々
コンソメスープのもと 1/2コ

道具

フライパン
炊飯器(すいはんき)
ザル
木ベラ
まな板
包丁
ちゃわん
おさら

作り方

コメを水でといで、ザルにあげて水を切っておきます。

タマネギの皮をむきましょう。皮をむいたら、まな板の上に乗せ、半分にきります。そのタマネギをみじん切りにしましょう。

トリ肉をタマネギと同じくらいの大きさに切ります。

フライパンにバターを半分入れ、木ベラを使って“弱火”でタマネギをとうめいになるまでいためます。タマネギがとうめいになったら、いちどフライパンを火からおろします。

フライパンにのこりのバターを入れます。バターがとけたら、トリ肉とコメをフライパンに入れてタマネギといっしょに“弱火”でいためます。15分くらい、コメがとうめいになるまでがんばっていためましょう。

コメがとうめいになったら、トマトジュースをフライパンに入れて火をとめます。


フライパンの中身を炊飯器(すいはんき)のカマに全部(ぜんぶ)うつします。


炊飯器(すいはんき)のカマにしお・コショウ・コンソメスープのもと・トマトケチャップを入れたら、炊飯器(すいはんき)のスイッチを入れましょう。

たきあがったら、10分ほどむらします。むらしたら全体をよくかきまぜて、大きめのちゃわんに少しきっちりピラフを入れて上から軽く押さえます。

ピラフの入ったちゃわんの上におさらをフタのようにのせます。これをひっくり返して、お皿を下にします。ちゃわんのまわりをコンコンと軽くたたいたら、ちゃわんをはずしてできあがり!


アレンジしよう!

マッシュルームやニンジンを入れるのも、ピラフの具に色が増えておすすめです。さいごにおサラにもりつけるときに、茶わんの中にバターを軽くぬっておくのがピラフをうまくもりつけるポイントです。ちゃわんの(そこ)にパセリやグリンピースなどを入れてからピラフを入れるともりつけた時にミドリがキレイなのでおすすめですよ。
トマトジュースとトマトケチャップのかわりに、カレーのスープやカレーの残りを水でのばしたものを同じ 分量(ぶんりょう)でいれると、簡単なカレーピラフのレシピになります。ミルクやシチューなど色々な味でアレンジしてみるのも楽しいですよ。

ページの上に移動

前に戻る 次へ進む