リンク サイトマップ

親子で入門!米料理塾


高学年用レシピ



米料理塾 > 高学年用レシピ > チャーハン

チャーハン

チャーハン手軽 (てがる)簡単(かんたん)に作れるボリューム満点(まんてん)米料理(こめりょうり)といえば、チャーハンですよね。中華料理(ちゅうかりょうり)定番(ていばん)メニューともいえるチャーハンは、日本の家庭料理(かていりょうり)定番(ていばん)メニューにもなっています。
チャーハンは、おなかがへった時に、 冷蔵庫(れいぞうこ)の中にあるもので簡単に作ることもでき、覚えておくととってもベンリなメニューです。チャーハンを作るコツをなどもありますので、子供といっしょにおいしいチャーハンを作ってみましょう!


チャーハンを作る前に…

チャーハンにつかうごはん

お店で食べるチャーハンは、ご飯がパラパラしていますよね。いつも食べているご飯をそのままチャーハンに使うと、ベタベタしてしまってうまくパラパラのチャーハンを作ることはできません。チャーハンを作るときには、冷蔵庫(れいぞうこ)で2日くらい冷やしておいたご飯を使うとパラパラのチャーハンを作りやすくなります。これは、たきあがったばかりの時と、冷やしてパサパサしたご飯では、ご飯の中の成分がちがっているからです。
炊き上がったばかりのご飯は 消化(しょうか) しやすいアルファ() したデンプンで、冷やすと消化しにくいベータ()したデンプンにかわってしまいます。そこで、チャーハンは、火を使っていためることで消化しやすいアルファ化した 状態(じょうたい)のご飯にもどしてくれるという効果(こうか)もあるんですよ。

チャーハンの材料

チャーハンはもともと中国の料理でしたが、日本では納豆(なっとう)高菜(たかな)をしょうゆベースでアレンジした和風チャーハンや、チーズを使った洋風(ようふう)のチャーハンなど色々アレンジされています。レタスを使ったチャーハンは洋風のチャーハンのようなイメージがある人もいると思いますが、中国ではあんかけチャーハンなどにも使われる一般的なチャーハンの材料なんですよ。

チャーハンを作るじゅんび

・チャーハンは強火(つよび)でサッと手早く作るのがポイントの料理です。火を使うときは十分に気をつけて調理(ちょうり)しましょう。

・チャーハンには、色々な材料(ざいりょう)をつかうことができます。自分の好きな野菜(やさい)やキムチ・めんたいこ・ベーコンなどの材料(ざいりょう)を色々組合わせて自分だけのチャーハンを作ってみるのもおすすめです。

全体的(ぜんたいてき)に、簡単(かんたん)漢字(かんじ)を使っていますので読めるところは、子供に読ませてあげたり、ひととおり自分でやってみて、わからなくなったら大人が手伝う、など一緒に楽しめるやり方を工夫(くふう)してみてくださいね。

簡単!レタスチャーハンのレシピ

卵とレタスでカンタンに作ることができるパラパラチャーハンのコツを紹介(しょうかい)します。

材料

タマゴ 3コ
ごはん 300g
ブタバラ肉 50g
小口ネギ 1たば
レタス 3マイ
しょうゆ 大さじ1
しお・コショウ 少々
ごま油 少々

道具

ボール
おはし
フライパン(ちゅうかなべがあればそれを使う)
おたま
ザル
包丁
まな板

作り方

ごはんを2人分2日ほど冷蔵庫(れいぞうこ)に入れて、「冷ご飯(ひやごはん)」を用意(ようい)しておくとチャーハンが作りやすくなります。

ブタばら肉をまな板の上に乗せて、包丁で細かく切ります。

小口ネギを細かくきざみます。

レタスを水であらって手でちぎってザルにのせて水を切っておきます。

ボールにタマゴをわっていれます。おはしでよくかきまぜて、ときほぐします。

ボールにひやご飯をいれて、おたまの丸いところでおしつけながら、タマゴとごはんをよくかきまぜます。そこに、ブタ肉・ネギを入れてよくまぜます。


中火であたためたフライパンにごま油を少し大目に入れます。


フライパンからすこしケムリがでたら、ボールのごはんを入れて、おたまでかきまぜながらいためます。

しょうゆ・しお・コショウをフライパンの中に入れて手早くかき混ぜましょう。ごはんにこげ目がついてきたら、レタスを入れてよく混ぜていためます。

レタスがしんなりしたら、火を止めます。

大き目のちゃわんにチャーハンを入れ、軽く上からおさえます。

おサラをちゃわんの上にフタのようにかぶせ、ひっくりかえします。茶わんのまわりを少し手のひらでたたいて茶わんをはずせばできあがり!


コツ

タマゴを先にごはんにしみこませることで、パラパラチャーハンをうまく作ることができます。タマゴと相性(あいしょう)が良い材料を使う場合は、このコツをうまくつかうのがポイントです。


アレンジしよう!

納豆(なっとう)を使う場合(ばあい)には、納豆を軽くお湯であらって粘り気(ねばりけ)を軽くとってからチャーハンに使うと、まぜやすいのでおすすめです。また、シンプルなチャーハンには、あんかけを作ってチャーハンのトッピングにすると味もちがってきて楽しめます。
あんかけに、かにカマや卵を使うとテンシン丼風のチャーハンになっておすすめですよ。どんな材料がチャーハンにあうのか、色々ためしてみるのもチャーハン作りを楽しむポイントです。

ページの上に移動

前に戻る