リンク サイトマップ

親子で入門!米料理塾


高学年用レシピ



米料理塾 > 高学年用レシピ

高学年用レシピ

料理(りょうり)を覚えていくとどんどん色々なメニューにチャレンジしてみたくなりますよね。普段(ふだん)なにげなく食べているメニューについても、「どうやってつくるんだろう?」とか「じぶんでもつくれるかな?」と考えることもあると思います。
米やごはんを使った 料理(りょうり)には、子供(こども)の大好きなメニューがたくさんありますから、そんな疑問(ぎもん)がでてきたらぜひ作ってみて欲しいアレンジも色々できるものばかりです。あなたの好きな材料(ざいりょう)を使って、自分だけのオリジナル米料理(こめりょうり)(さが)してみるのもおすすめですよ!

身近な米料理を作ろう!

米料理(こめりょうり)のいいところのひとつに、普段(ふだん)から食べなれているものがたくさんあるということがあります。料理(りょうり)って(じつ)はとっても頭を(はたら)かせながら作るものなんです。普段(ふだん)わたしたちが味やにおいを知っている料理(りょうり)を作るときには、自然(しぜん)自分(じぶん)経験(けいけん)記憶(きおく)をたどっています。
ですから (ぎゃく)に、自分の経験(けいけん)したことのある味やにおいを思い出しながら 調理(ちょうり)すると、料理(りょうり)ができるまでの仕組みや味の(ちが)い、調理方法(ちょうりほうほう) などが、ひとつの料理に対する知識(ちしき)としてふえていきます。ふだんからよく食べている料理を何回も作っているうちに経験(けいけん)知識(ちしき)がふえ、知らない 料理(りょうり)を作るときにも、「この味はどうやってつくるのかな?」とか「焼いて作るのかな?炒めたのかな?」と考えることができるようになります。
米を使った 料理(りょうり)は私たちにはとても(した)しみやすく普段(ふだん)から食べているものが多い料理(りょうり)ばかりです。ごはんを炊くのだって炊飯器以外(すいはんきいがい)でも(なべ)や飯ごうで炊いてみるとご飯が炊ける仕組みがわかります。米料理(こめりょうり)想像力(そうぞうりょく)や考える力を自然につけられる素敵(すてき)料理(りょうり)です。

米を調理・アレンジしてみよう!

米料理(こめりょうり)の中でチャーハンやドリアなどは、炊いたごはんを使って作る料理(りょうり)なので、アレンジしやすく簡単(かんたん)子供(こども)だけでも作ることができるようになります。同じチャーハンでも(たまご)を使うものやあんかけをかけるタイプのもの、レタスやキムチを入れるものなど、味付けや材料(ざいりょう)を変えるとまったく違う料理(りょうり)のようになります。(とく)に炊いたご飯を使った米料理(こめりょうり)の中にはアレンジしやすいものがたくさんありますので、自由な発想(はっそう)で作ってみましょう。
また、 海外(かいがい)の色々な国では、米は野菜(やさい)やパスタと同じように考えて使われているところがたくさんあります。同じ米を使った料理でも、炊いたご飯ではなく生の米を炒めたり煮込(にこ)んだりする料理(りょうり)を作ってみると、今までとは違った米の魅力(みりょく)や使い方を知ることができます。その他にも、家にある普通(ふつう)の鍋や土なべ、飯ごうを使ってご飯を炊いてみると炊飯器(すいはんき) とはちがった味やかたさを知ることもできます。
意外(いがい)大人(おとな)でも(なべ)や飯ごうを使ったご飯の炊き方を知らない人は多いようです。炊飯器を使うと簡単に炊くことができるごはんですが、鍋や飯ごうを使うと水加減(みずかげん)火加減(ひかげん)などで味やできあがりが違ってくることがわかります。ごはんを炊くのも、りっぱな米料理(こめりょうり)といえますよね。

おすすめの米料理

リゾット・ピラフ

米以外(こめいがい)材料(ざいりょう)を切ったり炒めたりしてから生の米と一緒(いっしょ)に大きなフライパンや鍋を使って炊き上げる米料理(こめりょうり)です。実は炊飯器(すいはんき)でも作ることができるので、初めて作るときや(ほか)の料理と一緒(いっしょ)に作りたいときには炊飯器(すいはんき)簡単(かんたん)に作ることができます。
なれてきたら (なべ)やフライパンを使って作ってみるのもおすすめです。基本的な作り方は同じように生の米を調理(ちょうり)するリゾットとピラフですが、まったく違った料理(りょうり)になるので作り比べてみるのもおもしろいですよね。

チャーハン

簡単(かんたん)そうで意外(いがい)とむつかしい米料理(こめりょうり)なのがチャーハンです。火を使ってご飯を(いた)めてつくるので思ったより(ちから)を使いますが、コツさえつかめばけっこう簡単(かんたん)においしいチャーハンを作ることができます。(たまご)を使う場合(ばあい)には、初めにごはんに()いた卵をしみこませておくのがポイントです。ひやご飯を使うとパラパラっとしたチャーハンを作ることができるのですが、炊きたてのご飯と冷ご飯をくらべてどんな風にちがってくるのかを自分で調べてみるのもおすすめです。

鯛めし・カキごはん

(たい)やカキを炊き込んだ鯛めし・カキごはんなどは炊飯器(すいはんき)で作るよりも土なべを使って作るほうがおいしく作ることができます。最近は炊飯専用(すいはんせんよう)に作られた土なべもあり、土鍋にも色々な種類(しゅるい)が増えていますが、炊飯用(すいはんよう)でなくても普通の土なべでもたくことができますのでぜひチャレンジしてみてくださいね!

ページの上に移動

前に戻る 次へ進む