リンク サイトマップ

親子で入門!米料理塾


低学年用レシピ



米料理塾 > 低学年用レシピ > カレーライス

カレーライス

カレーライスカレーライスは好きですか?たくさんの人が「大好き!」という声が聞こえてきそうです。子供も大人もの大好きなメニューの中で、かかせないのがカレーライスですよね。家でつくる手作りカレーは、それぞれの家庭の味があってどれもきっとおいしいに違いありません。
甘いカレーが好きな人もいれば、スパイスをたっぷり使ったこだわりのかれーを作る人もいます。こだわり出すとはまってしまうけれど、以外と 簡単(かんたん)に作ることができる、「わたしのカレー」「ぼくのカレー」を作ってみましょう!


カレーライスを作る前に…

カレーの名まえと歴史

カレーといえば、どこの国の食べ物をイメージしますか? インド、と答える人も多いと思いますが、インドにはもともと「カレー」という名まえの料理はありませんでした。日本でよく使われる「カレー」や「カレーライス」という料理の名まえのはじまりは、昔、インドに行ったヨーロッパの人がインド人の食べていた料理の名まえをたずねた時に、「カリ」と答えたことからだといわれています。
この「カリ」というのは、「おかず」というような意味で使われていた言葉で、それを「スパイスを使った料理」のことだと思ったヨーロッパの人が自分の国に伝えました。その後、ヨーロッパで「カレー」が広まったのではないかといわれています。それが、日本にも伝わり、ごはんといっしょに食べるカレーのことを「カレーライス」と呼ぶようになりました。
今では、 世界中(せかいじゅう)で、カレーという名まえのつくスパイスを使った料理がたくさんあります。しかし、正しいカレーというものがあるわけではないので、どれもカレーといえばカレーになってしまうのは、ちょっと不思議(ふしぎ)ですよね。

カレーライスを作るじゅんび

・カレーには、決まった具を使わなければいけないという決まりはありません。肉や魚、野菜がバランスよくいれるのが、おいしいカレーを作るポイントです。どんな具を入れたらいいか、色々話し合ってみましょう。

・お店で売っているカレーのルーには、(から)さが、 甘口(あまくち)中辛(ちゅうから)辛口(からくち)などにわかれています。自分の食べられるからさのルーを選びましょう。いくつかのちがったルーをまぜて使うのも、おいしくなるのでおすすめです!

全体的(ぜんたいてき)に、簡単(かんたん)漢字(かんじ)を使っていますので読めるところは、子供に読ませてあげたり、ひととおり自分でやってみて、わからなくなったら大人が手伝う、など一緒に楽しめるやり方を工夫(くふう)してみてくださいね。

簡単!じゃがいもカレーのレシピ

じゃがい・たまねぎ・にんじんとトリ肉を使ったカレーをつくりましょう。トリ肉のかわりに、ブタ肉や牛肉をつかっても美味(おい)しいですよ。

材料

トリモモ肉 2枚
じゃがいも 2こ
たまねぎ 1こ
にんじん 1こ
カレールー 2人分
水 2カップ
しお・コショウ 少々

道具

包丁
まな板
ナベ 木ベラ
おたま
ピーラー

作り方

炊飯器(すいはんき)でご飯を2人分たいておきます。トリモモ肉は、しお・コショウをふってから、食べやすい大きさにカットします。

たまねぎの皮をむきます。目がいたくなるので、目をこすらないようにしましょう。

たまねぎの皮をむいたら、まな板にのせてたてに半分にきります。切ったところを下にして、ヨコから5~6こにきりわけます。

なべに油を入れ、トリ肉をいためます。軽く火が通ったらたまねぎをいれて、たまねぎが焦げないように、よくかきまぜながらたまねぎがうす茶色になるまで、トリ肉といっしょにいためます。

じゃがいも・にんじんをみずで、よくあらいます。あらったら、ピーラーを使って皮をうすくむいていきます。じゃがいもが「新じゃが」のときは、あらうだけでもかわがとれるので、むかなくてもだいじょうぶですよ。

かわをむいたジャガイモとニンジンをまな板にのせます。じゃがいもは、はじめにはんぶんに切って、それを4つにきりわけます。ニンジンは、ジャガイモと同じくらいの大きさになるように切ります。


じゃがいも・ニンジンをなべに入れ、肉とたまねぎといっしょにかるくいためます。


2カップ分の水をなべに入れます。ふっとうしてきたら、“ちゅうび”にします。

アクがういてきたら、おたまですくいとってすてます。アクをとったら、“よわび”にして20分にこみます。

カレールーをわっておきます。

20分したら、カレールーを1つずつしずかにナベの中にいれます。ルーをいれたら、しっかりとけるようにおたまで、ゆっくり、よーくかきまぜます。

おさらにごはんをもりつけます。

カレーのルーをごはんにかけて、できあがり!



アレンジしよう!

トリ肉やぶた肉のかわりに、ソーセージを使うと、とってもカンタンにカレーをつくることができます。ソーセージには、インゲンやアスパラガスなどの野菜ともあうので、色々な野菜をつかってアレンジしてみてくださいね。カラさを調整(ちょうせい)したいときには、カレーの上にタマゴをのせて、まぜて食べると辛さがやわらぎます。辛いのが苦手な人には、卵がおすすめですよ。

ページの上に移動

前に戻る 次へ進む