リンク サイトマップ

親子で入門!米料理塾


低学年用レシピ



米料理塾 > 低学年用レシピ > ビビンバ

ビビンバ

ビビンバビビンバって食べたことありますか? 味のついた色々な野菜やお肉がご飯の上に乗った 韓国(かんこく)の代表的な料理です。とくにビビンバといえば、石でできた大きな(うつわ)に入った「石焼ビビンバ」を思いうかべる人も多いのではないでしょうか。
石で焼けたおこげの部分は、石焼ビビンバならではの 魅力(みりょく)かもしれません。韓国料理店(かんこくりょうりてん)以外でも、焼肉店やファミレスなどで食べることができ、日本人にとっても一般的(いっぱんてき)な食べ物になっています
。ビビンバは見た目にも 食欲(しょくよく)をそそり、食べると色々な味が楽しめるちょっとお得な気分の料理です。家でも子供と一緒にビビンバを作って、食べる前から楽しんじゃいましょう!

ビビンバを作る前に…

ビビンバとは?

ビビンバは、ご飯の上に乗っている色々な具をごはんといっしょにかきまぜてから食べる、韓国(かんこく)の料理です。ユッケといわれる牛肉やタマゴのほか何種類(なんしゅるい)かの野菜を使った「ナムル」がのせられていることが多いですよね。韓国(かんこく)では「ビビムパ」とか「ビビンパッ」などと発音するのですが、日本では「ビビンバ」として親しまれています。
ビビンバは 韓国語(かんこくご)で、まぜるという意味の「ビビン」と、ご飯をあらわす「バッ」が組み合わさった「まぜて食べるご飯」という意味です。上に乗せる具によって「コンナムル・ビビンバ(もやしのビビンバ)と具の名前をつけていることもあります。韓国(かんこく)では、コチュジャンと呼ばれるとうがらしを使った、韓国味噌(かんこくみそ)をまぜることも多いので、ちょっと(から)い味付けのビビンバが多いようです。

ビビンバのひみつ

みなさんが良く知っている、石の入れ物に入った「石焼きビビンバ」は、韓国(かんこく)から伝わったビビンバを日本で石の(うつわ)に入れて生まれた、ビビンバの新しい食べ方だそうです。石の入れ物に入っているビビンバってなんだか韓国(かんこく)生まれのような気がしますよね。
でも、 韓国(かんこく)では日本のように、器を持ち上げて食べる習慣(しゅうかん)がないので、あつあつのナベに入れたまま、おこげを作って食べるビビンバなどがあるんですよ。

ビビンバを作るじゅんび

・ビビンバはおおきめの入れ物でしっかりかきまぜて食べるのがポイントです。大き目の(どんぶり)やおわんを用意しておくと良いでしょう。

・野菜のナムルを作るときは、手を使ってかきまぜます。ビビンバを作るときは手を良くあらってからはじめましょう。

全体的(ぜんたいてき)に、簡単(かんたん)漢字(かんじ)を使っていますので読めるところは、子供に読ませてあげたり、ひととおり自分でやってみて、わからなくなったら大人が手伝う、など一緒に楽しめるやり方を工夫(くふう)してみてくださいね。

簡単!ビビンバのレシピ

ゆで卵を使ったカンタンなビビンバの作り方です。

材料

牛ひきにく 50g
ほうれん草 1たば
だいこん 1/4本
もやし 50g
タマゴ 2コ
さとう 小さじ1
コチュジャン(肉用) 小さじ1
コチュジャン(大根用) 小さじ1
しょうゆ(もやし用) 小さじ1
しょうゆ(肉用)大さじ1
しお 少々
ごま油 少々

道具

どんぶり
包丁
まな板
フライパン
ボール
なべ
ざる

作り方

はじめにゆでタマゴをつくります。ナベにタマゴとしおをすこしいれ、タマゴがかくれるくらいまでのみずを入れます。“ちゅうび”でふっとうするまであたためます。ふっとうしたら“よわび”にして8分まちます。

ご飯をすいはんきで2人分たいておきましょう。つぎに、牛ひき肉をいためます。フライパンを火にかけて温まったらごま油を少しいれて、なじませます。牛ひき肉としょうゆ大さじ1 とさとう小さじ1 とコチュジャン小さじ1を入れていっしょにいためます。火が通ったらお皿に移して冷ましてください。

タマゴがゆであがったら、ボールに水を入れてその中にタマゴをうつしてさまします。

ほうれん草をみずでよくあらったら、まないたにのせて4つにきります。

なべにお湯を沸かし、塩を少々くわえます。そこに子供に切ってもらったほうれん草をいれ、かるくゆでます。ゆであがったら、ざるにあげて水でさましてから水をきっておきます。

さめたゆでたまごのからをむきます。


大根をスライサーで細きりにします。


なべにお湯をわかして、もやしをゆでます。ゆであがったら、水でさましてからザルにあけて水をきっておきます。

ボールにゆでたほうれん草としおをひとつまみいれて、手でよくまきまぜます。まざったら、ボールからだしておサラにのせておきます。

ボールに切っただいこんをいれ、コチュジャンを小さじ1 いれて、てをつかってよくまぜます。まざったらおサラにのせておきます。

ゆでたもやしをボールに入れて、しょうゆ小さじ1 をいれ、てでよくまぜます。まざったら、おサラにのせておきます。

大きめの入れ物にごはんを入れます。

おサラにのせておいた、ニク・ほうれん草・だいこん・もやしをごはんの上にならべましょう。まんなかにゆでたまごをのせてできあがり!


食べるときは、ゆで卵をつぶしてから、具とご飯をよくかきまぜて食べましょう!



アレンジしよう!

具に使う野菜に、きゅうりやにんじん、山菜(さんさい)を使ってみるのも簡単なアレンジのポイントです! 牛肉のかわりに、ツナやまぐろの切り身をしょうゆとごま油でまぜたものにしても、美味しいくておすすめ! 子供や大人、みんなが好きな具をのせて色々作ってみてくださいね。

ページの上に移動

前に戻る 次へ進む