リンク サイトマップ

親子で入門!米料理塾


低学年用レシピ



米料理塾 > 低学年用レシピ

低学年用レシピ

炊き込みご飯小学校 (しょうがっこう)低学年(ていがくねん)になると、学校(がっこう)授業(じゅぎょう)家庭(かてい)でも調理(ちょうり)をする機会(きかい)がありますよね。主食(しゅしょく)になる米を使って作ることのできる料理(りょうり)には、基本(きほん)の作り方やコツを覚えてしまえば簡単(かんたん)に作ることができるものが多くあります。
また、 年齢(ねんれい)関係(かんけい)なくレシピを見て手順(てじゅん)材料(ざいりょう)について理解(りかい)していくと、だんだん自分でレシピをみながら米料理(こめりょうり)を作ることもできるようになるので楽しいですよ!

基本の米料理をおぼえよう!

電子レンジこのころになると、 実際(じっさい)自分(じぶん)調理(ちょうり)する機会(きかい)()えることから、低学年用(ていがくねんよう)のレシピで作ることのできる米料理(こめりょうり)では「自分(じぶん)調理(ちょうり)する」ということに重点(じゅうてん)()くといいと思います。炊いた米を使って、作る米料理(こめりょうり) の中でも、電子(でんし)レンジを使って (ねつ)通したり、簡単(かんたん)()でたりあえたりするだけでできるようなメニューは基本的(きほんてき)調理(ちょうり)についても体験(たいけん) していくことができるのでおすすめです。
火や 熱湯(ねっとう)を使うのになれていない 場合(ばあい)には、電子(でんし)レンジを利用(りよう)したり、むつかしい作業(さぎょう)大人(おとな)担当(たんとう)もしくは手伝ってして手順(てじゅん)を見せてあげたりすると良いでしょう。炊飯器(すいはんき)を使って簡単(かんたん)に作ることのできるメニューや、子供(こども)の食べやすい人気の高い米料理(こめりょうり)から作ってみてくださいね。材料(ざいりょう)をえらんだりあらったり、作った後のあとかたづけをするなど、料理(りょうり)を作るときの(なが)れを覚えていくのもポイントです。

ページの上に移動

米の炊き方をおぼえよう!

子供(こども)でも簡単(かんたん)に作ることのできる、基本的(きほんてき)米料理(こめりょうり)では、米を炊いて(ほか)材料(ざいりょう)とあわせたり、(ほか)の材料を使って調理(ちょうり)したものを炊いたごはんと一緒(いっしょ)に食べるメニューがたくさんあります。ですから、この(とき) に「米を炊く」という米の 調理方法(ちょうりほうほう)(おぼ)えてみるのがおすすめです。炊飯器(すいはんき)の使い方や米の研ぎ方、水の計り方など米を炊くときの基本的(きほんてき)手順(てじゅん)を大人と一緒(いっしょ)にやってみましょう。
米の炊き方を (おぼ)えたら、炊き込みごはんやかやくごはんを作ってみるのもおすすめです。もち米を混ぜてちまき風にしてみたり、(くり)小豆(あずき)を炊き込んで赤飯風(せきはんふう)にしてみるなど、ごはんの炊き方をおぼえるだけも米料理(こめりょうり)のバリエーションがひろがって作る楽しさがよりいっそう味わえると思います。味がついたごはんや()を使うので様々(さまざま)食材(しょくざい)を食べることができるので野菜(やさい)苦手(にがて)子供(こども)でもおいしく食べることができる料理(りょうり)がたくさんありますよ。

ページの上に移動

おすすめの米料理

どんぶりもの

トリ肉と(たまご)を使った親子丼(おやこどん)やカツと卵を使ったカツ丼などは、子供(こども)が好きなメニューですよね。卵を使ったどんぶり物は食べやすいのですが上手(じょうず)に作るのはちょっとむつかしいかもしれません。卵を使ってどんぶり物を作るときは、かたちが気にならないカツ丼やすき焼き風に初めから卵をまぜて作る牛丼(ぎゅうどん)などがおすすめです。
卵でとじなくても作ることのできるバンバンジー丼や、ハンバーグの上に 目玉焼(めだまや)きを乗せてどんぶりにしてしまう簡単(かんたん)ハンバーグ丼などもあります。自由(じゆう)発想(はっそう)で作ることのできるのがどんぶり物の良いところです。簡単(かんたん)にできるものからチャレンジしてみると良いでしょう。

炊き込みご飯

炊き込みご飯やかやくごはんなどは炊飯器(すいはんき)の使い方を覚えたら、ぜひやってみてほしい米料理(こめりょうり)のメニューです。炊飯器(すいはんき)にもち米用や炊き込みごはん用の設定(せってい)があるものも多いので、簡単(かんたん) に作ることができます。
ごはんなどは炊き始める前に色々な 材料(ざいりょう)をきったり()でたりしますが、炊き込むときに 火薬(かやく)全部一緒(ぜんぶいっしょ)に入れるので調理(ちょうり)基本的(きほんてき)作業(さぎょう)を覚えるのにも向いています。また、炊き込みご飯とあぶらあげを使って「いなりずし」や一口サイズにラップで丸めていく「てまりごはん」を作ることもできます。

カレーライス

カレーライスは子供(こども)の大好きな家庭料理(かていりょうり)の一つですよね。カレーを作るときには、材料(ざいりょう)を切るだけではなく、火を使って炒めたり煮込(にこ)んだりアクを取ったり、と色々な作業(さぎょう)があります。子供ができる範囲(はんい)で色々な作業(さぎょう)をやらせてあげるのがポイントです。
じぶんの好きなメニューをじぶんで作れるようになるのはとても楽しいので、 何回(なんかい)もつくって少しずつ手順(てじゅん)や作り方を一人でもできるように覚えていきましょう!

 

ページの上に移動

前に戻る次へ進む