リンクサイトマップ

親子で入門!米料理塾


米の調理方法



米料理塾 > 米の調理方法 > 玄米の炊き方

玄米の炊き方

玄米 玄米 (げんまい)を食べたことはありますか? ちょっと茶色(ちゃいろ)くて白米(はくまい)よりかためなのが特徴(とくちょう)のお米です。最近(さいきん)では発芽玄米(はつがげんまい)黒米(くろごめ)玄米(げんまい)など、色々な種類(しゅるい)玄米(げんまい)を見かけることができます。
玄米(げんまい)を食べたことがない人の中にも、「おいしい玄米ご飯を食べてみたい」とか「玄米ってどんな米なんだろう?」と興味(きょうみ)をもっている人も多いのではないでしょうか。人気(にんき)の玄米のおいしい()き方をおぼえてみましょう。



ページの上に移動

玄米ってどんな米

玄米と白米

玄米

玄米は 身体(からだ)()いお米といわれていて、健康(けんこう)役立(やくだ)つ食べものとして注目(ちゅうもく)されているお米です。ふだん食べている「白米」とは、 (かたち)(いろ)といった見た目がかなりちがうので、種類(しゅるい)のちがうお米だと(おも)っている人もいるかもしれません。
しかし、 (いね)から収穫(しゅうかく)したお米から「モミ」と()ばれる(から)部分(ぶぶん)だけをはずしたものが玄米(げんまい)で、玄米から()になる部分(ぶぶん)とうすい(かわ)をはがしたものが「白米(はくまい)」と()ばれているのです。ですから玄米(げんまい)白米(はくまい)は同じ種類(しゅるい) のお米なのです。
玄米(げんまい)白米(はくまい)にするために、精米(せいまい)する程度(ていど)にあわせて「3分つき米」「5分つき米」「7分つき米」などといいます。また、玄米を水につけて発芽(はつが)きるくらいに(あたた)めておくと、玄米は発芽(はつが)(はじ)めます。この状態(じょうたい)のお米を「発芽玄米(はつがげんまい)」といいます。

玄米の特徴

家庭(かてい)で「発芽玄米(はつがげんまい)」や「分づき米」「雑穀米(ざっこくまい)」などを食べている人も()えてきていますので、玄米(げんまい)を食べたことや見たことがない人でも、定食(ていしょく)やさんやレストランなどで「玄米(げんまい)」という言葉(ことば)()いたことがあるのではないでしょうか?
このように食べている人も ()えている玄米(げんまい)ですが、「(かた)い」とか「ぱさぱさする」と(かん)じる人もいるようです。それは、玄米(げんまい)()をだすための栄養素(えいようそ)やエネルギーなどを守るために、そとがわに(かわ)がついたままのお米だからです。(かわ)があるので白米(はくまい)にくらべて水や(ねつ)がしみこみにくいからです。ですから、玄米(げんまい)()くときには、(みず)につけておく時間(じかん)を長くしたり、水の(りょう)()やしたりすることでおいしい玄米(げんまい)上手(じょうず)に炊くことができると思います。
また、 玄米(げんまい)はよくかんで食べると白米(はくまい)とはちがった味がしますし、白米(はくまい)には(のこ)っていない食物繊維(しょくもつせんい)やビタミンなどの栄養(えいよう)が沢たくさん入っています。上手(じょうず)に炊けると食べやすい玄米(げんまい)になりますので、ぜひチャレンジしてみてください!

ページの上に移動

簡単!炊飯器でおいしい玄米の炊き方

材料

玄米 2カップ
みず 3カップ

炊き方

玄米(げんまい)をボールに入れて水をたっぷり入れます。できるだけ(つめ)たい水で、玄米(げんまい)の間に入っているゴミを(あら)(なが)すように()ぐのがポイントです。水を取りかえて3〜4回くらい()ぎます。
ザルに玄米をあけて、水を切ります。5分ほど水を切っておくとよいでしょう。
炊飯器(すいはんき)のカマに玄米(げんまい)をうつして、(みず)を入れます。(こめ)(たい)らになるように手でならしたら、30分〜1時間(じかん)くらい、玄米(げんまい)が水を()うようにおいておきます。
炊飯器のスイッチをいれて玄米を炊きます。炊飯器に玄米を炊くとき用の設定がある場合には、玄米用のボタンを選んでスイッチを入れます。
玄米(げんまい) が炊き上がったら全体(ぜんたい)をひっくり返すようにまぜます。あまった分は小分(こわ)けにして冷凍(れいとう)しておくのがおすすめです。

玄米をおいしく炊くポイント

米を(なべ)で炊く場合(ばあい)には、(ねつ)均等(きんとう)(つた)わるような(かたち)(なべ) を使うのがポイントです。(とく)土鍋(どなべ)(ねつ)内側(うちがわ)につたわるという特徴(とくちょう) があるので、おいしくご飯をたくことができます。
(なべ)で米を炊く場合(ばあい)には、フタに空気(くうき)(とお)(あな)があいているものを使います。あながない場合(ばあい)は、フタのすきまから()きこぼれることがあるので、やけどをしないように注意(ちゅうい)して使いましょう。

ページの上に移動

前に戻る次へ進む