リンクサイトマップ

親子で入門!米料理塾


米の調理方法



米料理塾 > 米の調理方法 > 土鍋のご飯の炊き方

土鍋のご飯の炊き方

土鍋土鍋 (どなべ)でご飯を炊いたことはありますか? 炊飯器(すいはんき)のようにスイッチひとつで炊き上がるわけではないし、水や米の分量(ぶんりょう)火加減(ひかげん)など土鍋(どなべ)でご(はん)をたくなんてちょっとむつかしそう…と思う人も多いかもしれません。
しかし、やってみるとけっこう 簡単(かんたん)にとてもおいしくできるので、土鍋(どなべ)で炊いたご飯にはまってしまう人も多いようです。土鍋でおいしくご飯を炊くときのポイントも紹介(しょうかい)しますので、初めてでも簡単(かんたん)土鍋(どなべ)でご飯を炊くことができるはず! さあ、土鍋でおいしいご飯を()いてみましょう!

ページの上に移動

ご飯を炊く土鍋について

土鍋の特徴

自分の家にある土鍋を触ってみるとわかると思いますが、ちょっと(おも)いですよね。土鍋は冬などには、野菜・肉・魚などを煮込(にこ)鍋料理(なべりょうり)に使われることが多い、土でできているナベです。土鍋(どなべ)を火にかけると、土のすきまにある空気(くうき)一緒(いっしょ)(あたた)まるため、保温性(ほおんせい)(すぐ)れているのが特徴(とくちょう)です。
そのため 土鍋(どなべ)煮込(にこ)料理(りょうり)に使われることが多いのですが、()()きなどのオーブンを使って作るような料理(りょうり)にも(てき)しているナベなのです。最近(さいきん)では、「ご(はん)()くための土鍋(どなべ)」なんていうのも色々販売(はんばい)されていて、よりいっそうご飯をおいしく炊くことができるように、形やフタなどが工夫されています。
家庭
(かてい)
にある普通(ふつう)土鍋(どなべ)でも同じようにご飯を炊くことができますので、まずは家の中にある土鍋(どなべ)でご(はん)()いてみてはいかがでしょうか? 水の量や火の調節(ちょうせつ)のしかたがちがっても、たいていちゃんとたけているので気軽(きがる)にやってみてくださいね。

土鍋の使い方

土鍋(どなべ)でご飯を炊く時には、ナベが直接(ちょくせつ)火にあたります。火に当たる部分(ぶぶん)がぬれていると土鍋が()れてしまったり、ヒビが入って()れやすくなってしまうこともありますので、土鍋の中で米を()いだり、(あら)ったばかりの土鍋(どなべ)をぬれたままで使わないようにしましょう。
土鍋を使う前にはきちんと (かわ)かした状態(じょうたい)で使うのが、土鍋を上手(じょうず)に使うポイントです。また、土鍋でご飯を炊くと、鍋の(そこ)()げがついたり(まわ)りに()きこぼれたりして(しる)がつくこともあると思います。焦げや()きこぼれは、土鍋(どなべ)自然(しぜん)にできる(こま)かいヒビをふさいでくれる役割(やくわり)がありますので、ゴシゴシとかたいブラシやタワシなどで必要以上(ひつよういじょう)にこすらないで、取れない部分(ぶぶん)はそのままにしておきましょう。
使い終わった後の土鍋は、洗ったら 完全(かんぜん)(かわ)くまでしまわずにおいておきましょう。土鍋を使ったら毎回(まいかい)しっかり(かわ)かしておくことが、土鍋(どなべ)長持(ながも)ちさせるポイントなんですよ。

ページの上に移動

簡単!土鍋でおいしいご飯のレシピ

炊飯器(すいはんき)でごはんを()くのは簡単(かんたん)ですが、土鍋(どなべ)を使って炊いたご飯はとってもおいしいんですよ。初めての人はちょっととまどうこともあるかもしれませんがやってみると、けっこう簡単(かんたん) ! なれてきたら、炊き込みご飯や鯛飯(たいめし)などにチャレンジしてみるのもおすすめですよ。

材料

米 2カップ
水 3と2/3〜4カップ

道具

土鍋(どなべ)
ボール(大き目のボールを使うのがおすすめ)
ザル
ナベつかみ
フキン

炊き方

ボールに米を入れたら水をたっぷり入れます。冷たい水を使うのがポイントです。
(ゆび)を立てるようにして、米をぐるぐるかきまぜます。米粒(こめつぶ)の間にあるごみなどが取れるようにかきまぜます。
米が流れないように水を捨てたら、新しい水を入れます。今度(こんど)は手の(ひら)を使って()()むように米を()ぎます。コレを3〜4回繰り返します。水があまりにごらなくなるのを目安(めやす)に、手早(てばや)くとぎましょう。
土鍋(どなべ)のまわりをかわいたふきんでふきます。
土鍋(どなべ)の中に()いだ米と水を入れます。入れたら指をつかって米を平らにしましょう。米に水がしみこむように30分〜1時間おきます。
土鍋にフタをして火にかけます。初めは強火(つよび)にしてフタの穴から蒸気(じょうき)が出て沸騰(ふっとう)するまでまちます。
フタのすきまや穴から蒸気が出てきたら、火を弱めましょう。弱火(よわび)にして15〜20分()きます。
火を止める前に一回強火(つよび)にします。ゆっくり1から5まで数えたら、火を止めます。
火を止めたら、(なべ)つかみを使ってコンロからおろします。土鍋はとても(あつ)くなっているので()をつけてはこんでください。
フキンを水でぬらしてからしっかりしぼります。ひろげて土鍋(どなべ)のフタの上にかぶせておきます。この状態(じょうたい)で5〜10分むらします。
()らし終わったら、ふたをあけてしゃもじで土鍋(どなべ)(そこ)からひっくり返すようにかきまぜます。米をつぶさないように注意(ちゅうい)しながら、全体(ぜんたい)をしっかりすばやくかきまぜるのがポイントです。
あつあつのいうちに食べましょう。食べ切れなかった分はそのままにせず、ラップや保存用(ほぞんよう)容器(ようき)にいれて冷凍保存(れいとうほぞん)します。土鍋(どなべ)はできるだけはやく洗ってしっかり(かわ)かしておきましょう。

ページの上に移動

土鍋でご飯のポイント!

土鍋では、白い白米(はくまい)(ほか)玄米(げんまい)雑穀米(ざっこくまい)なども同じように炊くことができます。土鍋でご(はん)()くときのおもしろさのひとつが、水の量や火の調節(ちょうせつ)仕方(しかた)などで毎回(まいかい)(すこ)しずつ、出来上(できあ)がりを()えることができるということです。
その日の 気温(きおん)などによってもできあがりがほんの少しずつちがってきますので、自分のすきなご飯の炊きあがりになるように、()(みず)(りょう)色々(いろいろ)ためしてみましょう。お米の量は土鍋の1/3くらいになるような大きさの土鍋を使うのがおすすめですよ。

ページの上に移動

前に戻る次へ進む