リンクサイトマップ

親子で入門!米料理塾


米の調理方法



米料理塾 > 米の調理方法

米の調理方法

米お米を使った 料理(りょうり)は好きですか? 私たちのまわりには、毎日(まいにち)()べているごはんのほかに、チャーハンやカレーライス()き込みご(はん)など、米を使った料理(りょうり)がたくさんありますよね。色々な国の米料理(こめりょうり)を自分で作れたらきっともっと米料理(こめりょうり)が好きになるはず!
私たちが 普段(ふだん)食べているご飯のおいしい()き方や色々な米料理の作り方を子供と大人が一緒(いっしょ)に楽しんで作れるように調理方法(ちょうりほうほう)や、色々(いろいろ)米料理(こめりょうり)特徴(とくちょう) などについてご説明します!

ページの上に移動

米料理の調理方法

炊く・蒸す

日本で食べられている米料理(こめりょうり)(なか)一番(いちばん)(おお)いのが、米を()いて調理(ちょうり)する方法(ほうほう)です。日本(にほん)では米だけを()くことがおおいのですが、野菜(やさい)(にく)一緒(いっしょ)()き込んだ「炊き込みご飯(たきこみごはん)」やもち米を()して作る「おこわ」などもあります。
また、 () いた米と 一緒(いっしょ) () をまぜたり () せたりして食べるビビンバや、ルーをかけて食べるカレーライスなどの 場合(ばあい) (こめ) () くという 方法(ほうほう) 調理(ちょうり) します。 米料理(こめりょうり) のおおくは、 一度(いちど) () いた米を () いたり (いた) めたり 煮込(にこ) んだりしますが、 (なま) (こめ) (いた) めてから 煮込(にこ) んだりする料理もあります。

焼く

米を()調理方法(ちょうりほうほう)で作られる米料理(こめりょうり)には、オーブンなどでいろいろな材料(ざいりょう)一緒(いっしょ)()く「ドリア」や、(こめ)をつぶしてフライパンで()いてから(ほか)材料(ざいりょう)一緒(いっしょ)に食べる「おこげ」などがあります。
日本
(にほん)
では()いた(こめ)をおにぎりにして、まわりにみそやショウユなどの(あじ)をつけた(あと)()く「焼きおにぎり」なども(むかし)から()べられていますよね。その(ほか)にも、(たまご)牛乳(ぎゅうにゅう)、さとう、バニラなどを()いた米と一緒(いっしょ)()く「ライスプディング」は、米で作るデザートのひとつです。

炒める・煮込む

チャーハンやパエリアなどは米を(いた)めて調理(ちょうり)する米料理(こめりょうり)代表的(だいひょうてき)なものです。チャーハンの場合(ばあい)は、一度(いちど)()いた(こめ)を使って(ほか)材料(ざいりょう)一緒(いっしょ)にいためますが、パエリアは(なま)の米からいためて(ねつ)(とお)ってからスープを(くわ)えて煮込(にこ)んでいきます。同じように生の米を(いた)めてから煮込(にこ)料理(りょうり)には、洋風(ようふう)のおかゆとも言われる「リゾット」があります。

つぶす・加工する

米を()いたり()したりしたものを、つぶして作る「(もち)」や「せんべい」は米の加工品(かこうひん)米料理(こめりょうり)のひとつといえます。また、(なま)の米を一度(いちど)(こま)かい(こな)にしてから加工(かこう)するものには、「フォー」と()ばれる(こめ)(めん)や、春巻(はるま)きの(かわ)などに使われている「ライスペーパー」などは米の(こな)加工(かこう)したものを使った米料理(こめりょうり)です。
この米をつぶして作られる「 米粉(こめこ)」は、パンやクッキーのほか、まんじゅうやもちなどを作る材料(ざいりょう)にも使われています。そのため米粉(こめこ)を使った料理(りょうり)世界(せかい)色々(いろいろ)な国で、様々(さまざま)調理方法(ちょうりほうほう)で作られています。

ページの上に移動

前に戻る次へ進む