リンク サイトマップ

親子で入門!米料理塾


幼児用レシピ



米料理塾 > 幼児用レシピ

幼児用レシピ

エプロン小さな子供や 幼児(ようじ)などは、自分が食べているものや大人が食べているものに興味(きょうみ)をもち始めるときがありますよね。そんなときは、身近にある食べ物を一緒(いっしょ)に作ってみると、自分達(じぶんたち)が食べているものがどんなものかを知っていく良い機会(きかい)になります。
子供の 関心(かんしん)を高められるような手を使ってできる簡単な料理のレシピを子供にもできる作業と大人の作業に分けて作ってみました。また、実際(じっさい)調理(ちょうり)をしたことがない子供が始めて作ってみる料理にも、自分の手でさわってみる調理方法(ちょうりほうほう)を使った料理がぴったりなのではないでしょうか。ぜひお子さんと一緒(いっしょ)米料理(こめりょうり)を作ってみてください!

はじめての米料理

お米を使った料理(りょうり)には、子供の好きなものもたくさんあります。簡単(かんたん)に色々な調理方法(ちょうりほうほう)食材(しょくざい)(した)しむことのできるものばかりです。おやつやデザートに食べることも多い団子(だんご)(もち)、せんべいなど、(じつ)は米を使って作られているのを()らない子供(こども)もきっと(おお)いのではないでしょうか。
団子
(だんご)
(もち)などは、米を粉状(こなじょう)にした「米粉(こめこ)」を使った米料理(こめりょうり)です。米粉(こめこ)は、簡単(かんたん)調理(ちょうり)することができますし小さな子でも丸めたり、まぶしたり作ることを一緒(いっしょ)(たの)しむことができる便利(べんり)食材(しょくざい)です。子供(こども)たちが()きなおやつが、(こめ)を使って作られているということを楽しみながら知ることができるので、ぜひ大人と一緒(いっしょ)に楽しんで作ってみましょう。 

作って食べてみよう!

幼児(ようじ)向けの米料理(こめりょうり)のレシピでは、米料理の種類(しゅるい)かかわらず料理(りょうり)調理(ちょうり)をするときに必要(ひつよう)な「()(あら)う」「エプロンをつける」というところから大人と一緒にやっていくのがポイントです。また、幼児や料理にはじめて()れる子供たちには、食材(しょくざい)直接(ちょくせつ)さわってみたり、(まる)めたりちぎったりすることで食材の大きさや形を知ることができます。
自分で触って作るメニューが多いので、どのくらいの力を入れるとちぎることができるのか、またつぶれてしまう力の入れ具合はどのくらいなのかを 実体験(じったいけん)(とお)して学習(がくしゅう)することもできます。調理(ちょうり)(さい)(こな)(こめ)()んだりあちこちについてしまうことがおおいので、新聞紙(しんぶんし)や大きめの(かみ)をしいておいたり、かるくて割れにくいプラスチック(せい)のボールなどを使うようにするのがポイントです。 

おすすめの米料理

白玉団子

()を使ってねったり、ちぎったりするので楽しんで作ることができます。また、米粉のシンプルな味なのでフルーツポンチや白玉(しらたま)あんみつなど、味付(あじつ)けをかえて使うこともできます。洋風(ようふう)和風(わふう)にこだわらず、自分の好きなフルーツやジュースなどを使って作ると自分だけの白玉団子(しらたまだんご)を作ることもできますよ。

きなこ餅・あんこ餅

切り(もち)を使って、きなこやあんこをまぶして作るとっても簡単(かんたん)なメニューです。自分(じぶん)で作る楽しさを簡単(かんたん) に楽しみながら体験(たいけん)することができます。切り餅を使って作るきな粉餅やあんこもちの他に、しらたま粉や上新粉(じょうしんこ)などの 米粉(こめこ)を使って作る団子できな粉餅やあんこもちを作ってみるのもおすすめです。

すいとん

こもちを作ってみるのもおすすめです。 すいとんは白玉団子(しらたまだんご)と同じような作り方で 米粉(こめこ)を使って作る料理(りょうり)ですが、デザートではなく食事用(しょくじよう)として作るメニューです。白玉団子(しらたまだんご)(もち)などを作りなれてきたら、(ほか)食材(しょくざい)を使ったすいとんにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。米粉のほかに小麦粉(こむぎこ)片栗粉(かたくりこ)()ぜたり使ったりしてもよいでしょう。また、()いたご飯をつぶしてまるめて作ることもできます。

手巻き寿司

子供たちの好きな食材(しょくざい)を使って自分達(じぶんたち)で作って食べる手巻(てま)き寿司は、年齢(ねんれい)人数(にんずう)関係(かんけい)なくみんなで楽しめる主役(しゅやく)米料理(こめりょうり)です。スシ(めし)を作るときにパタパタとごはんをあおぐ作業(さぎょう)や、()をほぐしたりつつんだり、子供(こども)にもできる作業(さぎょう)がたくさんあるので、みんなで協力して作る楽しさを味わうことができるのがおすすめの米料理(こめりょうり)です。

 

ページの上に移動

前に戻る 次へ進む